2020.0919・丹波市石生の深い雲海

前日に雨がふったので

今朝は深い雲海になりました。


今回はPower Shot SX70 HSの


タイムラプス撮影「シーン2」で撮影しました。
240枚、約20分間撮影すると停止するので、
停止した時点ですぐ撮影ボタンを押し合計4回撮影。

雲海は向山から加古川に沿って瀬戸内方面へと流れていきますが、
春日町の黒井城跡方面(右)から流れてきた雲海と
柏原町方面(左)から流れてきた雲海とが石生で合流して、
向山の方へ溢れてきます。


4つの動画を無料動画編集ソフトの「Shotcut」で繋いで
再生速度を半分(0.5x)にしました。

帰宅後、「撮影枚数240枚、約20分間」
というのは初期設定で、
撮影間隔は5~10秒、
撮影枚数は30~720枚(約1時間)
に変更できる事が判明(´・ω・`)


中央に見えるのは多可町と丹波市の境になる篠ヶ峰(827m)


電波塔が立っているのですぐ分かります。

丹波市山南町の岩屋山(726m)経由の登山道があるみたいです。
(丹波市には青垣町にも岩屋山があり、山南町には2つあります。)

帰り道、岩座展望所から50m程下った所で
4月に落としてしまったマグネシウムファイアースターター
(用もないのにモーラナイフと一緒に持ち歩いてた)が木の枝にぶら下がっていました。
どなたか、登山者の方が見つけてぶら下げてくださったようです。
ありがとうございますm(_ _)m

おすすめ